施術する方法 | 日頃のマッサージと温めでクマとたるみを解消しよう

日頃のマッサージと温めでクマとたるみを解消しよう

施術する方法

鼻中隔延長術の内容と種類

鼻中隔延長術とは、鼻を下向きに高く、長くする手術です。鼻中隔軟骨という鼻の支柱となる部分に耳介軟骨や肋軟骨を継ぎ足して鼻先を長くするのです。 生まれつき鼻が上を向いているいわゆるアップノーズの方、鼻が短い方、正面から見たときに鼻の穴が見えてしまう方に適しています。また、Lプロテーゼを挿入し、鼻が上向きに変形してしまった方の修正のために行われることもあります。 術式はオープン法とクローズ法の2種類があります。 オープン法は、外から見える位置の皮膚を切開して手術を行うため、術野が広く正確な施術ができます。しかし、数ヶ月間、傷が残ってしまいます。 クローズ法は鼻の穴の中から切開を行うため、外から見える位置に傷が残りませんが、術野が狭く、難易度が高い手術になります。

メリットとデメリットについて

鼻中隔延長術のメリットは、何と言っても鼻の形を整えられることです。鼻先形成術と組み合わせることもでき、自由度やデザイン性の高い鼻の形成を行うことができます。 また、鼻中隔を延長するために用いるのは自分自身の軟骨であるため、体に異物を入れるという不安感やストレスがありません。 デメリットとしては、国内で鼻中隔延長術を行っている医師や病院が限られていることが挙げられます。鼻中隔延長術は、鼻の構造自体を改善する手術であり、高い技術が求められます。適切な施術が行われなかった場合、鼻が変形したり、呼吸がしづらくなるなどの可能性が考えられます。 鼻中隔延長術を行いたいと思ったら、まずは信頼できる医師や病院を探しましょう。医師の経歴や学会発表歴、手術件数などを確認することが大切です。積極的に症例を手がけ、正しい治療を行っている名医に出会えれば、必ず納得のいく施術を受けることができます。